台中で


台中で、芸術文化と生活中の都市を融合させて、台湾地理の中心に位置しています。 文創集落の出世は、国際的な台中国立歌劇院を持つまで、2016年に、CNNは台中市が創意的な軽食、便利な交通と良好な生活機能のため、台湾で最も住みやすい都市になったと賞賛しています。



台中国立歌劇院は国際建築家の伊東豊雄Toyo Itoによって設計され、建物のなかにある劇場だけがオペラハウスではありません。建物全体が劇場です。エントランスホールやホワイエは勿論のこと、レストランや屋上庭園など、どこにいても人々は音や光や空気の流れを感じることができます。壮大な宇宙の輝やきを間近に感じることのできる身体全体に訴えかける建築です。灰色の硬い都市ジャングルにうねりながら、元々は演芸場だけにあった文化芸術を人々の自然生活の中に流れ、公演がない日は台中市大花園の美しい景色となります。


文化城分会は、1993年5月7日に創立されました。創会の高成輝さんが30人余りの先進的な共同文化城を率いて創立しました。今まで28年になりました。文化城分会の特色は調和のとれた会議に創立されました。主軸として、今回のアジア太平洋大会に対応したSDGs第11項の永続都市と社会団体のテーマを融合しました。(ASPAC Theme:Rise and Shine our Promising Future)限られた建築都市において、小さな順方向の変化を利用して、都市の持続的経営の理想に達します。

 

ロゴ


設計理念:2021 JCI ASPAC LOGOパターンは台中国立歌劇院、山海屯、踊り、自然及び人文を含み、人文芸術及び建築設計と自然平和を共にします。 調和のとれた共生共存により、永続都市としての概念を発展させます。

説明:

台中国立歌劇院計理念はSDGs永続都市の概念と合致しています。台中国立歌劇院の芸文だけでなく、市民生活にも溶け込み、日常の憩いと発展のアイデアとなっています。 

山海屯は台中市の地理状況を代表するだけではなく、台中市全体の山川群を代表しています。 豊かな緑の山林のほか、漁港や商港もあります。

踊りは台中市の芸術人文の盛んな発展と活力の盛んさを代表して、いずれも都市です。 あるいは田舎の山林、あるいは港に沿ってすべて、現地文化の創造者を探し当てることができて、 現地人文のために芸文の光となっています。

宿泊

MORE

請填入內容

登録  ▎Register

お問い合わせ

CONTACT

TOP